06-6393-3377

tel

STREET DANCE

HIP HOP

ヒップホップ自体は1970年代にアメリカニューヨークで生まれたもので、4大要素(ラップ・DJ・グラフィティ・ダンス)で成り立っています。しかしここでのダンスはブレイクダンスを意味しており、ヒップホップダンスに関してはブレイクダンスも含め、それまでのソウルダンスやポップなど、色々なダンスの影響を受けて生まれてきたものです。ヒップホップダンスはストリートダンスの中でもポピュラーなジャンルで、さまざまなスタイルがあり、ジャズ、バレエ、ロック、ポップ、ブレイクダンス、レゲエ、R&Bなどの様々なダンスの要素を取り入れて現在も進化を続けています。ダンスの動きとしてはアップ(上で音を取る)、ダウン(下で音を取る)と言う2種類の音の取り方が基本で、代表的なステップとしては「ランニングマン(走っているように見せる)」や「クラブステップ(足をつま先とカカトを支点に開いたり閉じたりする)」がありますダンスの種類としてのヒップホップは、ブレイクダンスとソウルダンスを融合したもので、比較的新しいスタイルのものです。 動きとしてはアップ、ダウンのリズムの取り方を基本としていて、ランニングマンやクラブステップといったような大き目の動きをする動作が多いダンスです。また振付に決まりがなく自由なことが特徴で、時代によって新しい動きやスタイルが誕生し、ある意味、ダンス文化の総称としてはストリートダンスの代表格と言えます。その中でも現在女性に人気のあるガールズヒップホップは、ヒップホップダンスの中でも女性らしさを強調し、ボディーウェーブを含め、胸・ヒップ・ウェストをポイントとしての動きを取り入れています。

JAZZ

ジャズと聞いてクラシカルな音楽と言うイメージが強いかもしれませんが、ジャズダンスはバレエの要素を取り入れたダンスのジャンルで、20世紀初頭にアメリカで誕生しました。イメージ的に有名なのは、映画「フラッシュダンス」や武富士ダンサーズの踊りで、ボディコントロールや感情表現の幅広さはバレエを基礎にしているジャズダンスならでは魅力で、ヒップホップに取り入れたスタイルも確立されております。そして各ジャンルの基礎としてバレエやジャズの要素がよく使われていますが、その基盤となる動きが多く、幅広い表現力をヒップホップに取り入れることも多いようです。またタレントやアーティスト、バックダンサーが踊っているスタイルもジャズダンスがベースになっているものが多く、ショーダンスとしても人気の高いジャンルです。近年としてはヒップホップの動きと合わさったヒップホップ・ジャズも人気で、様々なアーティストもこのダンスを踊っています。

Lock

ロックダンスについてですが、まずはロックの意味についてです。イメージはロックンロールの「ROCK」なのですが、ロックダンスの意味は「LOCK」。すなわちカギをかけるという意味で、スムーズな体の動きから体を止める(固める、ロックする)動きが特徴で、コミカルな腕や足の動きもあり、メリハリのあるダンススタイルです。代表的な動きと言えば、「ポイント(指をさす動き)」や「ウィッチウェイ(足を船のオールのように動かす)」、「ストップアンドゴー(驚く→後ろに逃げる→前に戻る)」等があります。名前が付いているステップやスタイルが多く、ある程度形が決まっているために、止める動作で魅せるためには大人数で踊るのに向いているかもしれません。大人数で踊る場合、ビシッとそろえばかなりの迫力になります。ジャニーズ系のSMAPや嵐によく使われています。

pop

POPとは弾くという意味で、筋肉を弾かせることが名前の由来でポッピング(popping)、ポッピン(poppin)も同じ意味です。パントマイムやロボットの動きを発展させて、筋肉を弾き不思議な動きをするのが特徴です。体を震わせたり、グニャグニャにさせたり、色々な部分の筋肉を弾いて踊るダンスです。「ロボットダンス(ロボットのような動き)」や「ウェーブ(体の様々な部分が波打っているように見える動き)」が有名で、ムーンウォークやアニメーションもこのジャンルです。まるで人間ではないような動きで、細かいボディコントロールを屈指して不思議な動きをするダンスはエンターテインメント性の高いダンスと言えます。

HOUSE

ハウスとはハウスミュージックから来ています。ハウスミュージックは1970年代から1980年代にシカゴで誕生したと言われていて、「4つ打ち」、「速めのテンポ」特徴があり、足を高速で動かす動きが特徴で、時にはターンやスピン、アクロバット技も混ぜたダンスとなります。様々な人種から愛されている影響か、カポエラ、ブレイキン、ヒップホップなどの様々踊りを取り込み続けている幅の広さもあります。他のジャンルよりビートが比較的に早く、流れるようなステップで音楽との一体感が気持ちいいダンスとして人気の高いジャンルです。

breakin’

ブレイキンは頭や背中で回転したり、腕一本で逆立ちしたりなどの大技が多いのが特徴。基本的に「エントリー(立った状態で踊る)」・「フットワーク(屈んだ状態で素早く足を動かす)」・「パワームーブ(ヘッドスピン等の大技)」・「フリーズ(ピタっと動きを止める)」の4つの動きから構成されており、バトル的な要素の強いダンスです。軽快な足さばきに加えて、アクロバット的な技が多く、スペースを多く使い、静と動が織り交ざっています。このダンサー達はB-boy・B-girlと呼ばれ、ヒップホップ四大要素の一つで、世界で一番ダンス人口が多いジャンルです。